Top  スポンサー広告  八雲藍改造モデル再配布&同梱FurShederの使い方 Top  MMD  八雲藍改造モデル再配布&同梱FurShederの使い方
--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓役に立った・面白かったなど思っていただけましたら是非クリックをお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

Category : MMD

2014-11-02(Sun)
ども、皆さんこんにちは。義経です。
201410312122.png


今年の1月に配布休止してから約11ヶ月…色々な方々から再配布のご要望もございましたが、頑なに再配布するつもりはありませんでしたが、この度大本の作者であるkome-kenさんより再配布されましたのでご案内致します。


あと、kome-kenさんの元モデルもモフモフになりましたよ。


さらに尻尾モフモフましのモデルまでご用意致しました。
但し、頂点数が結構な数(8万頂点超)ありますので、結構重いと思われます。無理!って場合は以前のモデルも同梱してありますのでそちらをご使用ください。

さて、今回バージョンmfmf用にさらにモフモフさせる為のエフェクトを同梱しておりますが、使用できないって方が多分出てくると思いますので使用方法を書いておきます。
※なお、同梱エフェクトは極限までモフモフにこだわった仕様の為非常に重いです。PCが壊れた、MMDが落ちた等の責任は負えませんので、自己責任でお願い致します。
まず下準備としてこちらにチェックを入れてください。

MMDよりMMEffectのエフェクト割り当てを開きます。

そして、ツールの中にある、デバイス検証をスキップにチェックを入れてください。
20141102-01.png

次に、藍様本体に他のシェーディングエフェクトを使用しない場合はそのままFurShederを指定してください。
20141102-02.png

これだけでもOKです。

他のシェーディングエフェクトと同時使用の場合は、サブセット展開を行い、尻尾の部分に割り当ててください。
20141102-03.png

以上です。これでもエラーが出る場合は後使用できない場合もございますのでご了承ください。
また、エラーは出なかったけどモフモフにはなってないと言う方、モデル操作よりカメラ・照明・アクセサリに合わせてみてください。モデルを選択中はモフモフに見えない可能性がありますので

↓役に立った・面白かったなど思っていただけましたら是非クリックをお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://areda.blog9.fc2.com/tb.php/1473-97fed349

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。