Top  スポンサー広告  【艦これ】俺の艦これがなんか違う2後書きっぽいもの Top  MMD  【艦これ】俺の艦これがなんか違う2後書きっぽいもの
--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓役に立った・面白かったなど思っていただけましたら是非クリックをお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

Category : MMD

2013-11-23(Sat)
ども…皆さんこんにちは。義経です。

昨日投稿した『【艦これ】俺の艦これがなんか違う2』の後書きっぽいものです。


今回の動画は自分のMMD動画作成1周年記念作品として投稿させていただきました。(実際には12月6日に始めたので、ちょっと早いんだけどねw)

前回の動画を作成した後に頂いたコメントで空母ってのが結構あったので作ってみました。
正直ここまで作成に時間かかるとは思ってもいませんでしたw

まず最初に取りかかったのはモデル集め…

もちろんMMDですからモデルが無ければ始まりません。と言う事でMMD海軍というタグから追ったところ、翔鶴型のモデルがあったのでそれをお借りしました。

空母があれば、艦載機が必要になると言う事で調べたところ…

九九艦爆も九七艦攻も…無い…

その後、あったというお話しを聞き確認したら、まくら様が配布されていたと言う事が分かりました…これは以前書いたのですが…しかし…

なんと、その記事に対してまくら様からコメントをいただけました。そして、九九艦爆、九七艦攻のモデルをリファインしていただき再度公開してくださいました。
本当に助かりました。と言うかまくら様がいなければこの動画完成していませんでした。
九九艦爆 http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im3516832
九七艦攻 http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im3542216

一応GoogleSketchUpという所から3Dのモデルを引っ張ってきて、PMX化するところまでやろうとしていたのですが、多分ここまでクオリティの高いものは出来ませんでしたね…

また、まくら様にはその後も生放送で色々と助言ご支援いただき本当に感謝しきれない程色々とお世話になりました。
生放送では他の方々からも大変多くの助言や参考資料を頂き、この動画が完成しました。
自分一人では間違いなくこの動画は作れませんでしたね。

動画を作るに当たり、やはり一番参考にしたのは実際の映像です。特に発艦シーンは参考にしました。また、いくつかのCG映像なども参考にしました、映像が無いものや、スペックなどはは基本的にwikipediaより参照させていただきましたっが…実際に当時に生きていたわけではありませんので、どこまで再現できているかは微妙です。
(諸説がありどれが本当か分からないものも多数ありますしね…)

さて、後は動画の解説と簡単なコメ返しでも。
今回は前回以上に艦これらしさを出そうと思い前回同様に冒頭部分と新たに最後に艦これの映像を入れさせて貰いました。
敵艦をどうしても出せない為航空戦は避けようと思い、敵空母が出ないマップを探していたのですが、運よく今秋イベントのE-1のボスがどのパターンでも空母が出ないので最適だと思い、実際にMMDモデルに合わせて出撃した動画を撮りました。ちゃんと、輪形陣にしたときに動画のような並びになるように編成もしたんですよwちなみに輪形陣の並び順に関しては艦これ攻略wikiより参照させていただきました。

敵艦を出せないと書きましたが、別に航空戦がめんどくさいとかそういう理由じゃなくw敵のリアルモデルが無い。敵の考え方は人それぞれと言う事で省きました。
敵は別に米帝ではありませんw深海棲艦という架空の艦隊。その為敵は一体誰なのか?と考察したときに、私は沈んだ艦娘がベースと考えました。そう考えると、既存の日本海軍艦船を改造して使っても良いかなぁと考えましたが、人によっては考え方は違うでしょう。となれば、もういっそのこと描画しないと言う手を取りました。
しっかし、艦載機の攻撃時の描画方法は悩みましたねぇw敵艦隊がいればもっと色んな表現方法は取れたのですがアレが精一杯でしたw

今回MMD部分で再現したのは基本的に艦これの戦闘シーンをとりあえず一通り撫でるという感じです。
冒頭索敵開始→開幕航空戦→砲撃戦→雷撃戦
という流れですね。ただ、動画の尺の問題も有りますので要らない所は端折るという考えのもと作りました。全部作って、ぶっ込んだら確実に10分超えの動画になりますw

まず最初は大和の菊花紋章から、毎度おなじみの演出ですが…大和の艦首から見たかっこよさは異常という事でこれはもう外せませんw艦首に菊花紋章をあしらったデザイン、最高です。天才だと思いますw
んで、今回テストで冒頭部分を上げていたのですが全く違うものに変えました。
理由は迫力が欲しい。
折角デカイ艦が縦に並んでるんですからどうにか出来ないかと…んで、アニメ版アルペジオを見ていて思いついたんですが、金剛型が斜めに4艦映ってるシーンかっけぇなぁ再現できねぇかなぁっと色々試していたら視野角を1にする事で微妙に再現することが出来ましたw

ただ、そのままだと偵察機は飛ばせないので島風の方から偵察機メインでのカメラワークを取り入れました。

んで作って確認したら…あ、敵艦見ゆの部分がねぇじゃんと思い、遠くに敵艦隊、手前に偵察機という配置にしました。偵察機は彩雲のつもりですが、モデルが無かったためまぁ似てる九七艦攻を使いました。九七式艦上偵察機と言う扱いでも良かったのですが、艦これにいないしねw
敵艦は、松型駆逐艦モデルを黒くし、単縦陣で配置。まぁ流石にここはこうせざる終えなかったw

艦載機の発艦シーンですが今回のメインなので大いに時間をとらせていただきました。正直今回は大和、長門の主砲はおまけです。
発艦シーンですが、まず瑞鶴より零式艦上攻撃機の発艦、翔鶴から九九式艦上爆撃機の発艦、瑞鶴から九七式艦上攻撃機の発艦です。
本当は翔鶴→瑞鶴→翔鶴のつもりで作っていたのですが、輪形陣の旗艦は後ろというのが後になって分かったのでこうなっちゃいましたw
一応艦載機のテクスチャはまくら様にご協力いただき、ちゃんと翔鶴隊、瑞鶴隊で分けています。

発艦シーン遅いと思われる方もいらっしゃると思いますが…本当に遅いんですwまぁ船は30ノット(時速55.56キロ)くらいで前進しているのでどうしてもそう見えちゃいますけどね…実際の映像とか見てもこれ大丈夫か?って思いますよw
こだわりの点というわけでは無いんですが、零戦はふわっと浮き上がる、そして足は左右で格納。九九艦爆はよろよろっと、足は固定なので格納できませんw
九七艦攻はくっそ重たい魚雷を積んでいるため、落ちるようにしながらという感じで、足は零戦同様
ちょっと尺が長い気もしますが、どうしても次々に発艦してますよあっぴるをしたかったのでこうなっちゃいました。
んで、艦隊上空で編隊を組んでから移動というシーンを作ったのですが、邪魔と言う事で全カットw
大和を手前に配置し、その上を航空艦隊が飛んでいくというシーンでまぁ結構よさげだったんですがw尺の無駄でしたw

その代わり編隊を組んで飛んでるシーンを入れ、九九艦爆が攻撃に移るぞっと言う演出をしてみたり…
急降下爆撃の直前に対空砲火で沈んでる演出も入れてみました。

急降下爆撃のシーンは本当に悩んで悩んで出来たシーンです。最初は一斉にとも考えたのですが…めんど…じゃなかった、見た目的に美しい方をとりました。
ここのカメラワークは本当に難しい…もっと良いカメラワークはいくらでもあると思うのですが、自分は特にカメラワークが苦手なのでこの程度ですいません…

九七艦攻のシーンにも被弾演出は入れていますが、これは、まくら様のモデルで格納庫にしまう時用の羽根展開ボーンがあったため思いつきましたw羽根の展開ボーンを移動ボーンにして吹っ飛ばしてます。
艦攻が魚雷を投下するシーンが高度が高いと言われていますが、一応高度50m位に配置しています。自分のカメラワークのせいでそう見えちゃってますね…すいません…
ここも敵艦を見せないようにするため被弾シーンは悩みましたw結果あんな感じにw

んでようやく砲撃戦の開始ですw
反航戦の所の旗は自作です。うまくはためいてくれるモデルを見つけることが出来なかったので自分で作りました。欲しい方はこちらからどうぞ→http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im3575630

反航戦にした理由は2つ
一つは丁字有利だと砲塔の角度的にあり得なくね?って思った(いや、想像でしか無いんだけどw)
同航戦よりも反航戦の方が文字的に格好良かったwというしょうも無い理由ですw

大和長門の砲撃シーンは前回に比べて数倍派手にはなったのでしょうか?
ここは力を入れたと言うよりも必然的にそうあるべきだと思ったからです。エフェクトの使い方色々と試した結果がアレですw
本当は射撃の後に砲身から煙出したかったけど、なんか良い具合になるエフェクトを見つけきれなかった&使いこなせなかったw

大和の方が本当は派手なはずなんですけど、長門の方が格好良かったねw

海はへこみません(キリッ
と言うか、海にエフェクトを使っている関係上多分無理っぽいですw透明なモデルを使ってというコメントがありましたが、もちろん半円透明のモデル作って試しましたよぉw結果、波がちょろっと立った位で終わったw

長良の旋回シーンは回避行動を表したものです、ここ最後の最後まで悩みました。艦これって被弾するときに小破でもしない限り声が入らないので、なにやってんだ?シーンにどうしてもなっていたんです。(実際に指摘されていました…)
しかし、あくまで艦これの戦闘シーンの再現と言う事でそのまま押し通しました。

瑞鶴からの第二攻撃隊ですが、余り長くなりすぎないように手短にしました。エレベーターシーンは入れないつもりだったんですが、作ったら意外と格好良くてw
ちなみに急降下爆撃のシーンはカメラワークを変えただけのものですw手抜きすみませんwと言うか、他に考えが思い浮かばなかったw

その後の瑞鶴の被弾シーンは本当は翔鶴にするつもりだったのですが、後の事と翔鶴は旗艦だからと言う事で今回の被害担当艦は瑞鶴にお願いしましたw

島風の魚雷発射シーンは前回と同様、島風が発砲しても派手には出来ないので雷撃戦だけにしたという感じです。島風も被弾してますが、被弾シーンは省きました。魚雷の動きは結構こだわりましたw

んで魚雷の命中シーンですが、今回も早いと思われるかと思いますが、尺の都合上しょうが無いw今回は、一応フェードインアウトを付けたので許してくださいw

んで戦闘終了後、艦これの画面に今回は1から10迄を再現したかったので入れました。ただ、瑞鶴と島風が小破していたので、瑞鶴に被害担当艦になって貰った次第ですw
本当は大和Lv99にして出したかったんですけど、今回のイベントで全く使わなかったからしょうが無いねw

ラストMVPを瑞鶴が取ったと言うことと、瑞鶴の艦娘モデルは配布されていると言うことで、瑞鶴に瑞鶴を立たせましたw本当は、アルペジオのように戦闘シーンに甲板に立たせても良かったのですが、対応する艦娘のモデルが揃わないため止めました

とまぁこういった所ですね。ぐだぐだと長いこと書き連ねましたが、動画楽しんでいただければ幸いです。
まぁまだまだ自分はMMDを使いこなせていないのでこの辺が限界っぽいですw誰か後に続いてくれればうれしいなぁと思っていますw

最後に…

後日カラー版を投稿する予定です。すぐにでも投稿できる準備は出来ているのですが、流石にアレなのでまぁ1週間後くらいに
WS000002.jpg

次の動画の構想はあります。次は間に合えばMMD杯かなぁっと…阿賀野型でE-2攻略を作りたいですね…その為にも早く矢矧ちゃん出てきてー出てくれましたw前回の長門同様どうやら動画投稿すると来てくれるっぽいw

↓役に立った・面白かったなど思っていただけましたら是非クリックをお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://areda.blog9.fc2.com/tb.php/1449-643a6c1d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。