Top  スポンサー広告  PSO2動画録画環境 Top  PSO2動画  PSO2動画録画環境
--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓役に立った・面白かったなど思っていただけましたら是非クリックをお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

Category : PSO2動画

2012-01-30(Mon)
ども…皆さんこんにちは。義経です。

α2テストのない日はなんだか寂しいですねw正式稼働が待ちきれない人もいるのではないでしょうか?えぇ私もですw

さて、せっかくなので、動画の録画環境でも書いてみたいと思います。

基本的にUPする動画は最大限綺麗な動画を見てもらいたいと思いなんとか調整をしました。

ではつづきからどうぞ。

まず、録画環境のPCスペックですが…

PCスペックに関してはこちらをご覧ください。現在のメインPCです。

メインPCの詳しいスペック

ここにさらに今回の録画の為にサブPCからサウンドカードを移設しました。

ONKYO SE-200PCIです。

移設までしないといけなかった理由は録音。

今までメインPCから5.1chのアンプまで光ケーブルで接続しています。光ケーブルでデジタル信号を送ると言うことになれば、基本的にオンボードでもそう代わりはありません。ですので移設していなかったのですが、録画となると違います。現在の自分の環境ではどうしてもラインアウトとラインインを実線で結んであげる必要があります。

そこはオンボードでも出来るのでとりあえずミニピンのオスオスケーブルを購入し早速取り付けました。

んで録画…

音が出ない…というかラインアウトの方から音が鳴ってない模様…そう、オンボードのサウンドドライバでは既定のデバイスにしてあげないと音が出なかったのです。
んでラインアウトを既定にすると…今度は光ケーブルから音が出ない…という状況…

そんなことに悩まされましたが、実際にこのSE-200PCIは両方から勝手に音が出てくれます。

ということで移設しました。もちろんサウンドカードのアウトからサウンドカードのインへ赤白のオーディオケーブルを接続しています。

さて、前置きが長くなりましたが…

録画に使用しているソフトは…っとその前にPSOの環境ですが…

基本的に設定は最高値にしています。

簡易描画設定は5、テクスチャ品質は高解像度、シェーダ品質は標準
ただし、解像度は1600×900のウィンドウにしています。

理由は1920×1080のウィンドウだとどうしても1920×1080のディスプレイ表示に合っていない…枠が大きすぎるんです。
要はタスクバーにまでかかってしまって録画に適していないということ…かといってフルスクリーンでするつもりもないので、とりあえず現状としては1600×900にしています。
出来れば1920×1080のディスプレイでウィンドウモードだと1920×980くらいにしてタスクバーとかぶらないようにしてほしいのですが…

さて、肝心の録画環境です。まずは録画に使用しているソフトから

Windows Media エンコーダ x64 エディションです。

これはマイクロソフトが無料で出している録画ソフトになるんですが…

無料で特に制限も無く広告も入らず重宝しています。

ただ、録画環境によっては非常に重いため、PCスペックに余裕がないときついことになります。

さて設定ですが…

WME1.png
まず画面の取り込みですが…
WME2.png
このような感じで、<画面の領域>を選択し、その後範囲を指定しています。

これをやっている理由ですが、基本的にPSO2というウィンドウ自体を選択すれば録画自体は出来るのですが、ウィンドウの枠まで一緒に録画してしまうためあまり格好がよろしくない。
ということでわざわざウィンドウの枠を設定しています。

これはこれで問題がありまして…PSO2の枠をちょっとでも動かすと録画枠からずれるため、起動したときの位置から動かせないという問題がありますw

次に出力。
WME3.png
まぁこれはHDDに落としていますw普通ですねw

最初はSSDに落としていましたが、容量の問題でHDDにしています。
容量の問題は後述します。

次に圧縮
WME4.png
WMEは録画しながら圧縮もしてくれます。そのためかなり負荷がかかったりもします。

しかし非圧縮にしています。これは画質を落とさないということもありますが、後述する動画編集で何故かうまくいかないという問題に直面し非圧縮に変えました。
今までは圧縮していましたw

先ほどの容量の問題はここにかかってきます。非圧縮にするため動画自体がかなりの容量になります。
10分の動画で約35GB超になりますw
そのためSSDでは録画しきれない事もありますw

しかしHDDでも全く問題はありません。

んで録画した30数GBもの動画を今度は編集します。

PSO2α2テストの動画の規約では…

動画を公開するにあたっては、動画内の前後それぞれ2秒間以上の以下権利表記を含めていただく、または動画の説明文内に以下権利表記を記載ください。

(C)SEGA
また、動画の説明文に、以下の注意表記と公式サイトのリンクを明記してください。

「『PHANTASY STAR ONLINE 2』α2テストにおいて撮影された実機動画です。
開発中のため、正式版とは異なる内容であり、今後改良される可能性があります。」

『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/
動画の改変(他の動画や音楽との組み合わせ、再生速度の変更等)は原則的に禁止とします。ただし、キャラクターネーム、プレイヤーIDネームなどの修正や、権利表記の埋め込み処理については許可します。

なお、リアルタイムの動画配信については、事前に動画に映るプレイヤーの承諾を得るなどの配慮をいただいた上で公開されることを推奨します。


とあるため少なくとも(C)SEGAという文字を入れなければなりません。

また、説明文に『動画の説明文に、以下の注意表記と公式サイトのリンクを明記してください。』というのもあるため、動画自体にも同じものを用意しました。

PSO2動画挿絵
PSO2のロゴはファンキットから入手したものです。

また個人的に格好いいwと思ったためSEGAのタイトルを入れましたw

さて、その録画した動画の編集はWindows Live Movie Makerを使用しています。

正直上記で書いた、圧縮した動画がうまく編集できなくなった件で別のものも探しましたがWMVがうまく編集出来るソフトがこれくらいしかなかったためこれにしました。(べ、別に編集ソフトを探すのがめんどくさかったとかでは無い。ホントだぞ?)

これに権利表示の画像とタイトルを入れ、動画の不要な部分を切り抜きエンコードしています。

エンコード時に1920×1080へ若干ですが引き延ばしています。

理由はフルハイビジョンで動画が見れるようにということです。

ですのでYoutubeでは1080pで是非見ていただきたい。(重いけど…)

まぁ実際は1920×1080の画面設定で録画し、そのまま1920×1080で出力したかったんですけどね…

ちなみにエンコード後の容量は約10分の動画で1.5GB強です。

こうしてできあがった動画はYoutubeにアップしています。ニコ動ではなくYoutubeの理由は動画の容量制限が比較的緩く高画質でも問題なくアップできるためです。

また、Youtubeには15分までというアップする動画の時間制限がありましたが、自分のアカウントは無制限になりましたので動画の容量が許す限りの長時間の動画もアップできるようになっています。

Youtubeの容量制限が比較的に緩いとかきましたが…実際には20GBまでの容量がアップでき、間違いなく1時間レベルの動画でもアップできますw

WMEがダメだと思った時にアマレココなども試したのですが、圧縮しながらの録画だと音飛びや遅延が起きたりしていたので非圧縮にして録画したところ今度はPSO2自体が落ちるという現象に見舞われたため却下しました。

実際には設定も楽でよかったんですけどねぇ…

という感じでしたがいかがだったでしょうか?何かしら参考になればと思い書きました。

ご質問などあればコメントいただければご回答いたします。

私の今までアップした動画はこちらから確認することが出来ますのでどうぞ。基本的にはすべて高画質を心がけてアップしております。

↓役に立った・面白かったなど思っていただけましたら是非クリックをお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

 by 志乃

参考にさせていただきました。
おかげで動画を撮ることには成功したのですが、音声が録音されませんでした・・。・
この手のものには疎くで、いろいろいじってみたものの解決方法がわかりません。どうやったら音声までしっかり録画できるかわからないでしょうか?
プロパティの状態はこの記事通りになっています。

2013-10-23(Wed) |URL[ Edit ] △ Page Top

 by 義経

>志乃さん
志乃さんのPCの環境が分かりませんので私のPCの現状で書きます。
私の場合はかなり無理矢理な方法をとっております。
まず私の場合は、ONKYO SE-200PCIというサウンドカードを使っているのですが、そのサウンドカードには、所謂赤白のオーディオケーブルを使用する出力と入力があります。(スピーカーに出力したりという用途のものです。)それを出力端子→入力端子と物理的にケーブルをつなげています。

簡単に言うとスピーカーへ出力する場所から、マイクの入力する端子へケーブルをつなげているという形になります。

そして、そのマイクの入力端子を録音する為のサウンドデバイスとしております。かなり強引なやり方です。

ただ、環境によっては、INPUTMIXを指定してあげるだけでいけることもあるようです。これにかんしては、どうしてもPCの環境ありきでのお話になりますので、この様にしてくださいと言うのは言い難い部分になります。まぁ、私の方法も一つの方法だと思っていただければ…
(私の環境は強引に言ってしまえばスピーカーの前にマイクを置いているような環境ですwノイズは入りませんけどねw)

2013-10-24(Thu) |URLEdit ] △ Page Top

 by 志乃

回答ありがとうございます。
参考にしてもう一度やってみますね。

2013-10-24(Thu) |URL[ Edit ] △ Page Top

コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://areda.blog9.fc2.com/tb.php/1268-d0f079a0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。