Top  スポンサー広告  NewPC組上げたよ! Top  PC関連  NewPC組上げたよ!
--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓役に立った・面白かったなど思っていただけましたら是非クリックをお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

Category : PC関連

2011-07-19(Tue)
ども…皆さんこんにちは。義経です。

先日購入したPCパーツ一式…今日ようやくケースが届いたので早速組上げました

まぁせっかく何で画像を交えながら順を追ってみたいと思います。

まずはとりあえず購入した物リスト(前回も書いたけどねw)

CPU:Intel CPU Core i7 i7-2600K SandyBridge \20,980
M/B:ASUS P8Z68-V \12,980
MEM:A-DATA XPG Gaming series DDR3-1600 (4GB×2) \5,420
SSD:Crucial m4 64GB ×2 \20,940(@\10,470)3年保証付き
HDD:日立 HGST 7200rpm 2.0TB 0S03191 \8,280
VGA:ASUS RADEON EAH6970 DC2/2DI4S/2GD5 \36,450
POW:SilverStone 電源ユニットSST-ST75F-P \10,980
ケース:CoolerMaster PCケース RC-692P-WNN1-JP \15,800
CPUクーラー:サイズ KABUTOクーラー SCKBT-1000 \2,980
光学ドライブ:内蔵型24x Super Multi Drive ホワイト バルク \2,480
OS:Microsoft Windows7 Home Premium 64bit DSP版 \11,500
その他:アイネックス 2.5インチSSD/HDD変換マウンタ 2台用 HDM-06A \980
DSC_0102.jpg

合計:\149,820

ちなみに今回は前のPCからの使い回しは一切ありません。前のPCは前のPCでちゃんとサブとして生きていきます。
さて、では早速組上げていきましょう!

まずはマザーボードを用意します。
DSC_0108.jpg

んでCPU、CPUファンを取り付けます。まぁ特に気をつけることはないのですが、CPUには向きがあるのでその向きさえ間違えなければおkです。
CPUファンは物にもよりますが、固定するのに結構力を使ったりします。力入れすぎて壊さないようにw
ちなみに、LGA1155のファンは取り付けやすい方だと思います。(AM3とかめっちゃかたいもん…)

DSC_0110.jpg
次にメモリを挿しますががマザボの画像をよく見てもらえばわかるとおり、上から黒、青、黒、青と並んでいます。(マザボにより色は異なります。)
基本的にメモリをDualChannelで使用する場合は、同じ色のところに1枚ずつ挿しましょう。

とりあえずこんな感じ
DSC_0109.jpg
メモリ挿してない上に、グラボ挿しちゃってますがwグラボ挿した理由はこんなにでっかいというのを見てほしかっただけですw

んで次にケース登場
DSC_0111.jpg
DSC_0112.jpg
DSC_0113.jpg
これです。この真っ白なケースに一目惚れ
ちなみに横以外はメッシュです。クーラーマスターだけあって作りはかなりしっかりしてます。どこぞの安いケースとは大違い。

ケースにマザーボードを固定しますが、ケースにはマザーボードを固定するための下駄がついてますのでそれをまずはめます。9カ所

んでケースにマザーボードをつけたら次は電源

今回のケースは電源が下のケースです。初めてですし、ちょっとあこがれがあった。

また今回のケースは配線が基盤の裏を通る作りになっていたので、配線は最後にしました。

次にSSDやHDDの取り付け。まぁ特に気をつけることはないですね。ただ、SSDの場合は2.5インチなので取り付けにはマウンタが必要です。(ケース側に2.5インチの取り付け位置やマウンタがあればいりません。)
光学ドライブも同じ要領でつけましょう

ただ、SATAには3.0や2.0といった規格があります。
ケーブル形状は同じですが、ケーブルの物やソケットの場所が違いますので同じところに挿しましょう。
ちなみに自分のマザーボードの場合は、画像にある下の青青白と並んでる白の部分が3.0でした。

今回はこの二つを使ってSSDをRAID0にします。

HDDに関しては2.0で十分です。HDD自体が3.0の転送スピードまで達してませんから

後は電源ケーブルやケースケーブル、ファンケーブルなどを各所に取り付けます。この辺はケース、マザーボードの仕様により違いがありますので、説明書をよく読みましょう。
ちなみに説明書が英語でもめげるな!がんばれば読めます。図解も多いし

んで各種配線が終わったところでグラボを取り付けました。

グラボが最後の理由はでかいからです。

これ先につけちゃうとケーブルの取り回しができないのです。
DSC_0114.jpg
とまぁこんな感じで取り付け完了です。

グラボぎりぎりw

これで組み立て自体は完了です。

ホントはもっと写真撮っておくべきだったんだけど…組み立てるのに夢中で忘れてしまってましたw

んで組み立てが終わったら、次にインストールなんかをやっていきますが、できればケースは開けっ放しの方がいいでしょう。何かあったときにすぐいじれますから

まず、OSを入れる前に電源を入れて、BIOSの確認をします。

そこでちゃんとCPUやメモリなどが認識されているか見ましょう。
って認識されていなければ、ビープ音が鳴って起動しないはず…

あと、異常にCPUの温度が上がるようでしたら、ちゃんとCPUファンが固定されていないか、グリスの量が少ないのでそこを再度確認しましょう。

んで自分の場合は今回RAID0なので、BIOS上からRAID設定に

RAIDのボリュームを作成してWindowsのインストールに

windowsのインストールディスクを入れて起動すれば勝手に始まりますが、始まらない場合は、起動順番がHDDやSSDからになっている可能性があります。
その場合は、BIOS画面で起動順序をDVDドライブからに変えてあげましょう。

Windows7のインストールは本当に簡単になったw

とりあえず出てる画面に従っていれば完了するからねw

んでWindows自体のインストールが終わったら、マザボやグラボについているCDからドライバを当てましょう。

後はWindowsアップデートしたり好きな設定したりして完了って感じです。

ちなみにベンチマークとかはまだ回していませんが…

SSD RAID0の威力を見よ!
diskmark hikaku
まぁ経年劣化とかもあるからね…単純比較はできないが…
左から今回のSSD RAID0、旧PCのSSD、旧PCの7200rpmHDD

という感じ

でも特別起動が速くなったか?といわれると体感的に若干かな?という感じまぁまだわからんけど…

ちなみにブレクロは…

特段代わりはなかったw全部最高設定でぬるぬる動いてたのが、結局ぬるぬる動くだけ

ただ、佐倉合戦大将や、皇国、政府両隊長がいるところに近づいても重くはならなかったからその辺はやっぱすごいね

追記

FF14ベンチスコア
Low 7901
HI 解像度足らずで結果わからずwでもLowと変わらないくらいぬるぬる動いてた

Windowsエクスペリエンス
エクスペリエンス

↓役に立った・面白かったなど思っていただけましたら是非クリックをお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

 by まっ茶

FFのベンチマークやってみて~
みてみたい!w

2011-07-19(Tue) |URLEdit ] △ Page Top

 by 義経

ほれ…追記しといたぞ

2011-07-19(Tue) |URLEdit ] △ Page Top

 by まっ茶

いいなぁ~ぬるぬるしたい~(*´Д`)

2011-07-19(Tue) |URLEdit ] △ Page Top

 by 義経

つローション

2011-07-19(Tue) |URLEdit ] △ Page Top

コメントを書く

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://areda.blog9.fc2.com/tb.php/1204-215d2589

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。